« GPS捜査高裁判決 | トップページ | 「CGでも児童ポルノに該当」で有罪判決 »

2016/03/16

「父殺しの女性」を救った日本初の法令違憲判決

というタイトルの記事が出ていた。

日本には、かつて尊属殺重罰規定と言われるものがあった。
自分の尊属を殺した場合、普通の殺人とは違って無期懲役か死刑しかないという規定である。

事案は、子供のころから父親にレイプされ、父親の子供を産み育てていた女性が、恋人が出来たことから父親が激怒したことから、父親を殺すに至った事件で、最高裁は、この規定を違憲無効としたのである。

この記事は、この事件を担当した弁護士からの視点で書かれてる。
大きな判決の背景には、必ずドラマや人のために最後まで闘った弁護士がいる。

 「もうそういうことはやめなさい。いつまでも私に年賀状を送ると、あなたも辛い事件のことをいつまでも覚えていることになる。私ごと忘れてしまいなさい」

という一言が心に刺さった。
100%依頼者のことを考えた者だけが言えることだと思う。

弁護士は、何のために闘わなければならないのか。
そういうことを思い出させてくれた記事なので紹介した。

|

« GPS捜査高裁判決 | トップページ | 「CGでも児童ポルノに該当」で有罪判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「父殺しの女性」を救った日本初の法令違憲判決:

« GPS捜査高裁判決 | トップページ | 「CGでも児童ポルノに該当」で有罪判決 »