« 公衆とJASRAC | トップページ | 共謀罪の共謀 »

2017/04/13

「無添加、イカサマくさい」と書き込んだ人物の情報開示、認められず 無添くら寿司運営会社が敗訴

「全ての食材において、化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料を一切使用していません。」をセールスポイントにしているくら寿司であるが、「無添加、イカサマくさい」という書き込みに対する発信者情報開示請求訴訟で敗訴したという報道があった。

記事

(1)書き込みはくら社の表示に対する問題提起であり、公益に関わる内容だ
(2)くら社は4大添加物(化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料)以外の添加物の使用の有無はホームページなどで表示しておらず、書き込みは重要な部分で真実だ
-などと認定

とまで言われてるので、結構ボロ負けである。
この手の訴訟は、負けたら、何もしないときよりも、大損害になるので、ダメ元の思い出作り訴訟はオススメ出来ない。

この種の訴訟は、サイバー法の知識はもちろんのこと、名誉毀損の知識・ノウハウが求められる。しかし、この点の知識に欠ける弁護士が多いのが実情である。

この手の事件をするときは、いつもの顧問弁護士以外に、セカンドオピニオンを得ておくことが必要と思うところである。

|

« 公衆とJASRAC | トップページ | 共謀罪の共謀 »

「法律コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/65144337

この記事へのトラックバック一覧です: 「無添加、イカサマくさい」と書き込んだ人物の情報開示、認められず 無添くら寿司運営会社が敗訴:

« 公衆とJASRAC | トップページ | 共謀罪の共謀 »