« 民事尋問戦略(広告) | トップページ | 遠山大輔弁護士の言うことには全て意味がある »

2020/04/21

Winny 天才プログラマー金子勇との7年半

N01028cover_o_20200422135301

「Winny」も「天才プログラマー」も「金子勇」も盛り込んで検索ワードを意識しすぎな小説が、2020年4月24日にインプレスR&Dから出版されることになった。

 

インターネットウォッチの紹介記事

インプレスR&Dのリリース

PRタイムのプレスリリース

 

これは、壇弁護士の事務室のスピンオフブログ「アターニアットロー」を時系列に整理して、小説として書き直したものである。

執筆中は、当時のあれこれを思いだしては、怒ったり、悲しんだり、笑ったり、泣いたり大変であった。

ブログからの移植という割には、出版まで数年かかっている。

途中で担当者も出版社も複数回変更された。ヒロインを登場させろとか、さび前の歌みたいに結末を最初に書いてインパクト勝負だとか、金子の内心を描いてないから小説として成立してないとか、業界人が読みもせずに業界風を吹かす発言にはヽ(#`Д´)ノな感じであった。
しかし、Winny事件や金子勇という人物について事実をそのまま伝えるという、根本のところはぶれずに書けたと思う。

ところで、この小説、元が無償で公開されてるんだからブログ見たらいいじゃんと言われかねない。しかし、既にアターニアットローを見た人でも楽しめるようにいろいろ工夫しているので、そう言わずに、小説版も見て欲しい。

Winny事件は、現在、映画化の企画もあるようである。私の役を誰がやるのかをいつも聞かれるが、私は知らない。。。。というより、その質問が多すぎて辟易している。

最後に、出版の際には紙面の都合で乗せれなかった方々にスペシャルサンクスをば(追加予定)。

坂和宏展(弁護士)さん 彼の「小説を読みたい」という一言がなければ、途中で止めてたと思う。ありがとう。

山本祐規子(元ロースクール生)さん ゲラの確認、示唆に富む指摘ありがとう。

 

【販売サイト】

ネクストパブリッシング

 

amazon

楽天

 

honto

Winny税込1,760(2020/04/22時点)

 

紀伊國屋書店

アップルブックス

ブックウォーカー

Reader Store

グーグルプレイ

BOOKLIVE

 

|

« 民事尋問戦略(広告) | トップページ | 遠山大輔弁護士の言うことには全て意味がある »

winny」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 民事尋問戦略(広告) | トップページ | 遠山大輔弁護士の言うことには全て意味がある »