SkeedCast

2008/08/01

悪者になった覚えはありませんが…

こんな記事が出ていた。

憂楽帳:悪者からよい子に

 8月2日開幕の夏の甲子園大会にちなみ、過去の名勝負がインターネットで配信されている。システムを提供したのは京都市のベンチャー企業、ドリームボートだ。ウイルス感染と情報流出で社会問題化したファイル交換(P2P)ソフト「Winny(ウィニー)」の“直系”だが、“よい子”に生まれ変わった。

06年3月に安倍晋三官房長官(当時)が「ウィニーを使わないで」と呼びかけるほど悪者扱いされていた。ただ、効率よく情報を伝達できる「最先端の純国産技術」とも評価されていた。

 京都で広告代理店を経営する美馬敬社長(50)が、「商用に耐える映像配信に使えないか」と、著作権法違反ほう助罪に問われたウィニー開発者の金子勇被告(大阪高裁で控訴中)に04年に面会。ドリームボートを翌年起業し、顧問に迎えてP2Pのノウハウを受け継いだ。違法コピーを防ぎ、ハイビジョン級の高画質を低コストで配信できるようになった。

 「P2Pは悪者の烙印(らくいん)だったが、ようやくここまで来た」と美馬社長。世界に通用する国産ソフトを、文化の宝庫の京都から育てたいという。【小島昇】

ようやくではあるが、新聞のこのような欄でこのような記事がでてきたことには感慨深い。

ただ、そもそも技術に悪い子はいない。大切なのはその育て方なのだと思う。

技術の力は、一方では問題視され、他方ではイノベーションを進める力ともなる。技術発展とはその繰り返しではないのだろうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/07/24

ルパン三世THEATER

Fujiko_clonicletop011_3

というサイトがオープンした。

もちろんここで紹介するからには、SkeedCastの採用サイトである。

峰不二子のバストは「ワールドCup」らしいという小ネタはさておき、これからも、おもしろいサイトが出てきたら幸いである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/25

京都府がP2Pネットワーク実証実験

いまさらなネタではあるが、京都府がP2Pの実証実験としてSkeedcastで動画配信を改氏した。

実証実験サイト

Ws000002

インターネットによる動画配信が一般化する中、自治体においても、広報、教育(学校教育、生涯学習、e-ラーニング)、文化情報発信(デジタルアーカイブ等)をはじめとして、その活用は様々な分野に広がっています。ただ、利用者側、配信側双方の制約から小さな画面で配信せざるを得ないのが実状です。

今回は、日本放送協会、徳川美術館、五島美術館、放送大学等の特別な協力を得て、源氏物語千年紀にちなみ「NHKスペシャルよみがえる源氏物語絵巻」(全五巻)のハイビジョン番組をはじめ、源氏物語関連を中心とした生涯学習番組を、これまでにない高画質で配信いたします。


 この実験では、P2Pに関する社会的理解の促進、技術的測定、今後解決すべき課題の抽出と検討を目的とし総務省が支援する「P2Pネットワーク実験協議会」(会長:東京大学大学院浅見徹、事務局:財団法人マルチメディア振興センター)が実証実験に協力しています。

 この実証実験は、株式会社ドリームボートのデジタルコンテンツ配信システム「SkeedCast」を用いて動画配信を行っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/21

Sting ALIVE

19日は東大でネットワーク実験協議会シンポジウムが開催されたので出席した。これにはドリームボートも出席していたりする。

社員の鈴木利が喋ったのであるが、金子氏のようなヒヤヒヤ感は無いので助かった。

その後は、ちょうど同じ東大で、インプレスから出版されたP2P教科書の出版記念パーティが開催されたので、金子さんと一緒に出席した。Bittrentやその他のP2P関係者がたくさん出席していてかなり盛況であった。平成16年の低迷から見ると復古の大号令という感がある。

私の弁護人としての弁護方針は「裁判所が小理屈考えている間に、世の中の方を変えてしまう」だったりするので、みんなで盛り上がっていければうれしい限りである。

しかし、トップはいただきますぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/28

空の境界

Karanokyoukai_banner_2

ドリームボート社とアニプレックスが共同で、P2P技術を用いた配信プラットフォーム「SkeedCast」でアニメーション映画作品・劇場版「空の境界」予告編のHD動画配信を開始した。

アニプレックスのプレスリリース

ドリームボートのプレスリリース

空の境界公式サイト

この企画は総務省が支援する「P2Pネットワーク実験協議会」(事務局:財団法人マルチメディア振興センター)の実証実験の一環だったりする。

今回の企画はアニプレックスというメジャーどころとコラボを組めたというだけでなく、技術的には、プログレッシブダウンロードのリリースと、8.0MbpsのHDコンテンツ配信が目玉だったりする。

Skeedcastは、ダウンロード、プログレッシブダウンロード、ストリーミングの3つの配信を用意できたことになる。

ちなみに、8.0Mbpsというと遅いタイプのADSLでは満足にみれなかったりする程の配信能力だったりするので注意が必要である。その分FTTHの人には、高画質を確認していただけると確信している。

ドリームボートは、平成16年から足がけ3年間かけてここまで達成したのである。今後も注目していただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/21

今度はグラビアアイドルサイトに、SkeedCastが!!

Rogothumb

Dreamboat社のSkeedCastを採用した動画ダウンロード販売サイトが新たにデビューした。

今回は、あの野田社長率いるサンズエンタテイメントのDVD映像をオンライン配信したりする。

このサイトを実現する際には、あの野田社長と直接話をしたりしていたりするのである。もちろんタレントさんはいなかったが…。

これからもおもしろいサイトを発表する予定である。こうご期待。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/28

配信プラットフォームにSkeedCastを採用!

ドリームボートのプレスリリース

株式会社ドリームボート(以下「ドリームボート」、本社:京都市中京区、代表取締役社長:美馬敬)は、株式会社インターネットイニシアティブ(以下「IIJ」、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木幸一、コード番号:3774 東証第一部)が開始する高画質コンテンツ配信プラットフォーム事業に対し、P2P 技術によるデジタルコンテンツ配信システム「SkeedCast」を提供することが決定しました。IIJ が高画質コンテンツと、それを再生できるPC やデジタルTV の市場拡大に対応するために開発した、新たなプラットフォーム第一弾となるダウンロード型の配信サービスにおいて、ドリームボートのP2P 技術を応用した配信システム「SkeedCast」が2007 年4 月より採用されることになりました。

IIJのプレスリリース

株式会社インターネットイニシアティブ(以下 IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 幸一、コード番号:3774 東証第一部)は、高画質コンテンツとそれを再生できるPCやデジタルTVの市場拡大に対応するため、高画質コンテンツを配信できるプラットフォームを新たに構築します。第一弾として、P2P技術を応用した配信システム「SkeedCast」を採用し、ダウンロード型の配信サービスを2007年4月より提供開始します

目指すは、世界のプラットフォームである。

FujiSankei Business iの記事

internetwatchの記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/17

mindsqud

SkeedCast実装サイト第2段がいよいよ発表された。


SkeedcastとWinnyのつながりは繰り返しているので省略。
グラスルーツコンテンツは、まだまだある。発表できることもこれから増えていくので期待されたい。

すでに、ファイル共有に関する問題は新しいステージに差し掛かっている。日本だけ、刑事事件で時代に足かせをはめている場合ではない。

Winnyで培われた技術は新しいコンテンツ流通のキー技術になっている。検察官が「専ら著作権侵害を助長するための機能」と主張した機能であることは皮肉なことではあるが…。

ついでに言うと、正しく新しい時代へ進めていくことが、最大の弁護活動だったりする。
「小手先の法律議論よりも世の中変えるのよ」と言ったのはもう2年前のことである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/10/20

日本初PtoP型音楽映像配信サービス「ROCK ONE DROP」

10月25日に、P2Pを用いた動画配信サービスが始まる。

プレスリリース

日本初PtoP型音楽映像配信サービス「ROCK ONE DROP」

もちろん、配信システムはSkeedCastである。課金システムも稼働して、ようやく、日本でもP2P型の技術を用いた動画配信サービスが始まった。

私は、かつて、Winnyの技術はグラスルーツコンテンツから可能性を広げ大きな流れになるとと言った。Winnyは著作権侵害の道具と思っていた人は、Winnyの大容量送信技術がコンテンツホルダーにこそメリットのある技術であると言ってもまともに取り合わなかった。あの時の言葉は後に「予言」と言われるのであろうか。

ある者が何かを始めるとき、人は、まず間違っていると言い、次に無理だと言い、最後には誰でも出来たと言う。
しかし、何かを変えることのできる人は、そのような人たちではない。
金子氏が、夢に描いていたコンテンツビジネスの将来とは、どのようものか。私も見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/02

Network LIVE in Japan

9月1日は、ネットワークライブジャパンのコンサートに行ってきた。

一応関係者の一人だったりするし、大阪で開催されるということで、9月4日の公判の準備の合間を縫って行ってきた。ご挨拶するところもいっぱいあったのである。

Ttl_bz

ネットワークライブは世界中への配信を予定している。これがB'Zの世界展開につながればすごいことである。

私は、おじさんなので無理であったが、みんなライブ中手を振り続けて元気であった。
みんなの熱気を見ていて、何となく、音楽はみんなに聞かれることで命を持つのだと感じた。観客は情報の受け手だけではなく、創り手でもあると。

ライブは熱気があって、ネットワークライブ関係者も皆満足である。
チケット売ってくださいという人が中に入れずぞろぞろいる中で、関係者ということでズカズカ入っていけるのは、結構快感である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)